陰部の黒ずみをピンク色にしたい!ピンクにする方法を紹介

peachrose

メラニンはメラノサイトという細胞でつくられます。

表皮の細胞は紫外線を浴びると伝達物質を出しメラニンの合成が活発になります。

メラノソームといわれるメラニンがたくさん詰まった袋が作られます。

メラノソームが肌の細胞に入ってDNAが損傷しないように遮る働きをします。

日本人は肌が白いといいと思っていますが、実際のところは紫外線に弱いということがあり肌が白い人は黒くならないからといって日焼け対策をあまりしなくていい所かしっかりしておかないと将来シミやシワが大量に紛失してくる恐れがあります。

陰部がすぐ真っ黒になる人は

紫外線対策をしなくてもいいのかそれではメラニンがたくさん作られる人は紫外線に対する抵抗力が強いから日焼け止めクリームなどをたくさん塗らなくてもいいのでしょうか。

実はそういうことではなく弱い紫外線でも肌が強い人であってもDNAのダメージは起きていますので、対策をしていく必要があります。

遺伝子に傷がついたりコラーゲンが繊維が分断されるなどのトラブルでDNAはそれ以上におもろいからです。

紫外線が一番強くなる時間は日焼けをしやすい外出したら気になるのが日焼けです。

何時頃日差しは強いのでしょうか。
どうな時間だったら日焼けをしないで済むのでしょうか。

このページではそんな気を見ていきたいと思います。

まず太陽は朝から夜にかけて東から西へと進みます。

その間で日差しが強い時間と弱い時間があります。

まず10時から13時頃一番太陽が南中している時間に日差しが強くなっています。

陰部の黒ずみはパンツで起こる?

 

guriti10時から15時に1日の東50%が降り注ぎます。

逆に残りの50%はそれ以外の時間で降り注いでいるということです。

特に正午にかかる時間では非常に紫外線の量が強く一番日焼けの危険性が高くなります。
日焼けはどのくらいで始まるのか日焼けはどのくらいの時間をかけて始まるのでしょうか。

実は太陽に当たると数分でメラノサイトが動き始めます。
そうすると3分経った頃には細胞にメラニンが降りかかってきています。

ですので、洗濯物干す15分ぐらいの時間や新聞を取っている30秒ぐらいの時間であっても紫外線には十分に当たっていて毎日毎日を行っていると日焼けをする可能性は十分にあります。

そのぐらいの時間日焼けをすると危険なのか日焼けは1日3時間以上すると危険だといわれています。

中庭日焼けをして小麦の肌になりたい小麦肌を目標にしている人もいるかと思いますが、いじり3時間以上アダルトDNA破壊など悪い影響が出てきます。

紫外線が強い時間は1時間が経っただけでも相当な紫外線の量浴びてしまい皮膚が破けてしまったり水ぶくれが起こるなどのような病的な症状を引き起こします。

日焼けで小麦色の陰部を作りたい時は紫外線が強い時間は避けて日焼け止めクリームを少しのあとでだんだんと色を付けていくことが推奨されています。

場所によっても焼けする速度は変わる日焼けをする場所は場所によってレベルが違います。

まず海ですが、海はいつもより日焼けをしやすいところです。

そして夏10分以上浜辺にいると紫外線にたくさん浴びてしまい悪影響が出てきます。

  • というのは一つ目として海水が紫外線を跳ね返してしまうこと
  • 砂浜の砂が紫外線を跳ね返してしまうことで
  • 芝生などの上にいる時よりたくさんの紫外線を浴びてしまうからです。

一方山に行く場合も紫外線が強くなります。

山は空気がきれいで紫外線が砂糖菓子少ないように思われますが、実は都会の濁った空気の所にも紫外線が非常に強いです。

1km高くなると紫外線が10%から20%ほど強くなります。

なぜかというとまず空気が薄くなるということそして排気ガスや大気汚染物質などの傘になるものがなくて紫外線が地下に当たってしまうということが挙げられます。

陰部をピンクにすることもできます。
こちのサイトにいい情報が書いてありました。

こちらのサイト:陰部をピンクにする

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ