産後のデリケートゾーンの黒ずみはいつ消える?すぐ消したい

産後の肌トラブルの一つに黒ずみがあります。
出産を機会にデリケートゾーンの黒ずみが急に悪くなるという方が多く30代で黒ずみに悩んでる方はとても多いです。

このページでは産後の黒ずみについて原因は何なのか対策方法ないのかなど解説していきたいと思います。

産後に黒ずみがひどくなるわけですが、これには黄体ホルモンプロゲステロンが原因と言われています。

ninsin

黄体ホルモンはメラニの放出を盛んにする働きがあり黒ずみだけでなくシミや肝斑などができやすくなる時期です。
黄体ホルモンは男性ホルモンと似た働きをしておりいしの量が増えてニキビが増えるなどの別の肌トラブルも起こります。

産後の黒ずみはずっと続くものではなく出産が終わると少しずつ薄くなっていきます。
ただ個人差があって人によっては1年を2年もかかってしまうことがあるようですね。

妊娠線

まず産後に一番黒ずむのはお腹です。
妊娠中は赤ちゃんが大きいのでお腹の皮膚が伸びていますが、それが一気に縮むことで肌全体がくすんだように見えます。
それで最近ではこの妊娠線を消すために妊娠線専用の美白クリームなども開発されています。

脇の黒ずみ

産後関係なさそうに見えますが、脇の黒ずみも悪くなってしまいます。
原因はプロゲステロンの増加でお腹の黒ずみと同じ理由です。
それ以外にムダ毛の処理を続けているとそれも原因となってしまいます。
その無限インなってしまいます。

乳首の黒ずみ

乳首の黒ずみはとりわけ深刻な黒ずみです。
まずホルモンによる変化もあるんですが、赤ちゃんがおっぱいをすぐという授乳の刺激もありますはがない赤ちゃんトイレ赤ちゃんの口で噛まれてしまうと乳首が傷つけられてしまいそこを修復するためにメラニン色素が活発に放出されます。

ブラジャーのサイズ変更も注意しましょう。
おっぱいが大きくなりますのでブラジャーのサイズも角に合わせて買えます。
そうしないとバストトップがブラジャーに触れてそれが刺激になってしまいます。
産後の乳首の黒ずみは授乳が終わると簡単に解消していきますので、これは黒ずみのクリームではなく自然に配送する事を待ちましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみは出産前にも強くなっていきま主な原因はホルモン量が増加してメラニンの量もそれにつれて増えるということです。
かパンツなどの刺激も原因にもなります。

産後の黒ずみの解消方法

産後の黒ずみの解消方法は出産が終わってからが落ち着くまで待つという自然な解消方法もありますが、早く治したいという方は他の対策方法もあります。

それは全身に天使に使える美白クリームを使うことです。
特にデリケートゾーンが一番刺激が弱くマイルドに作られています。
ですのでデリケートゾーンの黒ずみを改善するものを1つ持っておけば他のところにも使えますので便利です。

デリケートゾーン専用のものは1本でデリケートゾーン1か月分持ちますので、乳首や脇などに使っていると足りなくなってしまいます。

そんなことのためにお得な2本セットなども販売されていますので、デリケートゾーン以外の黒ずみをケアしたいということは集中ケアコースを選択すると良いでしょう。

マイルドな成分に作られています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ